10・11ビラ表

ビラのPDF版はココをクリック

日時:10月11日(日)
集会会場:としま区民センター・6階小ホール(JR「池袋駅」東口徒歩7分)
集会 13:30開場 14:00 開始
デモ 17:00出発

【発言】
「深刻化する貧困と排除と差別」瀬戸大作さん(新型コロナ災害緊急アクション事務局)
「コロナに便乗した治安弾圧強化」足立昌勝さん(関東学院大名誉教授)
「敵基地攻撃力保有の問題性」纐纈厚さん(明治大学特任教授)

【主催】
コロナ対策に便乗した戦争・治安・改憲NO!集会&デモ実行委員会

■安倍政権は、「新型コロナ災害」がおさまる兆しを見せていないにもかかわらず、保健、医療、福祉の提供を行おうとせず、GOTOキャンペーンを行いつつ移動の「自粛」を求めるといった辻褄の合わない場当たり的な対応に終始しています。そのため、多くの人々が生命の危険にさらされ、生活破壊に見舞われています。野宿労働者に加え、家賃が払えなくなった人など、居場所を失う人も増えています。教育現場は混迷を深めています。家庭内暴力も増えています。テレワークやホームステイによって体調不良に陥る人も少なくありません。

■また、特定業種の経営者・従業員やその利用者をターゲットとした「夜の街」叩き。感染拡大の責任を民衆に押しつける「新しい生活様式」。それらによって、「自粛警察」に代表される「非協力者摘発」の動きも醸成されています。繁華街の通行人を職務質問攻めするなど、警察権力による圧力も強められています。売春防止法を使った店舗への立ち入りなど、既存の法律の拡大解釈・拡大適用も進められています。改正インフル特措法の「再改正」によって、今以上に権力の私的領域への介入を拡大しようとする動きもあります。ITを媒介とした個人監視・個人管理の強化も着々と進められています。コロナに便乗した差別排外主義が高まる中、出入国管理法の「改悪」も目論まれています。緊急事態条項の追加改憲の動きも蠢いています。

■「自粛」強制の一方、米中関係悪化を背景に、自衛隊と米軍は、活発な活動を行っています、辺野古新基地建設、南西諸島軍拡に加え、自衛隊明記改憲を先取りする敵地攻撃力保有も浮上してきました。在日米軍に対する「思いやり予算」の増額の動きもあります。

■しかし、新型コロナ対策に失敗した政権に対する批判は世界中で高まっており、安倍政権の支持率も低下の一途を辿っています。諸外国との輸出入や人的交流も滞り、オリンピック開催どころか、世界経済の回復に日本経済は乗り遅れるおそれも強くなってきました。戦争責任の否認によって自ら作り出した日韓関係の悪化など、対外関係も上手くいっていません。内政でも外交でも、安倍政権は行き詰っていました。こうした政権危機の深まりの中で、安倍政権は、批判が噴出することを恐れ、ひたすら臨時国会の開催を拒み続けてきました。

■そして、安倍首相は8月末、突然、辞任を表明。改憲など安倍政治の継承を標榜した菅政権が新たに誕生しようとしています。このような情勢に鑑み、10月11日に、集会を開催し、街頭デモを行う実行委員会を立ち上げました。ぜひとも、集会、デモにご参加ください。

●命を守れ! 選別するな! ●必要なのは保健だ!医療だ!福祉だ! ●生活を保障しろ! ●休業補償をしろ! ●所得を補償しろ! ●居住権を保障しろ! ●教育権利を保障しろ! ●新しい生活様式を押しつけるな! ●治安弾圧の強化を許さないぞ! ●施設・公園使用を規制するな! ●集会の自由を奪うな! ●やめろ!職務質問 ●警察は脅迫するな! ●改正新型インフル特措法改悪反対! ●やめろ!個人監視 私生活への介入を許さないぞ! ●保健所と治安をリンクするな! ●改憲反対! ●緊急事態条項追加改憲を阻止するぞ! ●自衛隊明記改憲を阻止するぞ! ●やめろ!大軍拡 空母もいらない! ●オスプレイもいらない! ●もつな!敵地攻撃力 ●南西諸島軍拡を止めろ! ●辺野古に米軍基地を造るな! ●米中対立を煽るな! ●朝鮮半島危機を煽るな! ●核・ミサイル軍拡競争反対! ●宇宙・サイバー空間・電磁波を軍事利用するな! ●出すな!米軍への「思いやり予算」 ●認めろ!戦争責任 ●行え!戦後補償 ●徴用工に補償をしろ! ●やめろ!オリンピック ●コロナに乗じたヘイトをやめろ! ●改悪するな!入管法 ●外国人の人権を保障しろ!